日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/18/2012 12:00 AM

  ネット保険に関する情報提供サイト「ポリシー・バザール・ドット・コム」の集計によると、2012年1-3月期にインドでネット保険を購入した人のうち男性が98.1%、女性は1.9%と男性が圧倒的多数を占めた。

  同社が複数のネット保険関連サイトから集めたデータを集計した。

  ネット保険サイトの訪問者の地域別内訳では、大都市の住民が59%と過半数を占めた。地方の中核都市の住民は19%、その他の中小都市は21%だった。

  各保険商品についてネット保険サイトで情報を収集した人の割合をみると、自動車保険の71.4%、健康保険の63%を大都市の住民が占めた。

  一方、損害保険では78%を中小都市の住民が占め、都市部の住民は18.5%にとどまった。

  ネット保険の購入者の年齢別内訳では25-40歳が最も多かった。特に生命保険と健康保険でこの層の購入が目立った。一方、自動車保険では20-25歳が最も大きなシェアを占めた。

5/15/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21041

トラックバック一覧(0)