日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/16/2012 12:00 AM

  インドの教育市場が年間6,000億米ドル規模に達することが分かった。

  投資関連のコンサルティング業務を手がける米グローバル・インベスター・リレーションズ・ネットワークの関連会社インベスター・リレーション・ソサエティの調査によるもの。

  報告書は「インドの教育産業は今後も高い成長力を維持する」と指摘。民間企業による教育ビジネスの売上高は現在の350億ルピーで、2015年までに450億ルピーに増加すると予測している。分野別では新たな技能の習得や職業訓練の分野で高い成長が見込めるとした。

  教育事業を手がける企業の動向については「市場の拡大に伴い中小の事業規模が大きく拡大するほか、新規参入も大幅に増える」との見通しを示した。

  インドから海外の大学に留学する人の数は毎年20万人以上。こうした留学生が現地の大学にもたらす経済効果は年間50億米ドルに達する。インド人の留学熱を受けて逆にインドに進出する海外の教育機関も出始めており、報告書は「インドの高等教育のレベルの底上げにつながることが期待される」と指摘している。

5/13/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21023

トラックバック一覧(0)