日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/21/2012 01:57 AM

 世界銀行が実施した世界の物流産業のインフラや制度に関する最新ランキングで、インドの指数は3.08で、順位は46位だった。

 世界155カ国・地域を対象に、各国の物流産業を「効率的な貨物の承認手続き」「インフラの整備状況」「料金」「サービスの質」などの項目について指数化し、総合ランキングをまとめたもの。各国の物流業界が抱える課題や優位性を浮き彫りにし、さらなる発展を促すのが狙い。

 インドは物流制度改革や官民一体でのインフラ整備に向けた取り組みが評価され、前回(2010年)調査から1つ順位を上げた。

 世銀は物流産業が急速に発展を遂げている新興国としてインド、中国、ベトナム、南アフリカ共和国を列挙。国際貿易部門のモナ・ハダド部長は「物流産業が伸びている国は例外なく官と民が強調し、物流サービスの拡充やインフラの整備、効率的な制度の確立に向けて包括的な取り組みを実践ししている」と指摘した。

 トップは前回2位だったシンガポールで4.12を獲得した。

5/16/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21050

トラックバック一覧(0)