日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/09/2012 12:00 AM

 トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は農村部など地方での販売を強化する。
 同社は2011年度第3四半期(10-12月)に、西ベンガル州ドゥルガプールで販促キャンペーン「ゴー・ルーラル(Go Rural)」を試験的に実施し、現地で同社の自動車を展示した。これが好評だったことから、TKMはその後も全国各地で同様のイベントを開催、いずれも反応は上々で、地方でも需要が見込めると判断した。

 TKMは農村部の市場開拓に向け、今年中に25カ所の販売代理店を地方で開業する計画だ。

 車種別では、今年の販売目標を8万台、来年には15万台の販売を目指す小型車「エティオス」を中心に売り込む。このほかにもセダン「カローラ」や多目的車(MPV)「イノーバ」、スポーツ用多目的車(SUV)「フォーチュナー」などの投入も検討中だという。

5/6/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20973

トラックバック一覧(0)