日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/16/2012 12:00 AM

  ダイキンのインド法人、ダイキン・エアコンディショニング・インディアは11日にアンドラプラデシュ州ビサカパトナム、翌12日に同州ビジャイワダにショールームを開設した。

  ダイキンのインド国内での販売台数は年間40万台。うち南部が28%を占め、アンドラプラデシュ州だけで全国の1割強に当たる4万5,000台を売り上げる。同社の国内シェアは11%で第3位。2-3年後をめどにシェアを2倍に引き上げる計画だ。

  製品価格は通常タイプが3万-3万2,000ルピーだが、世界的にはまだ普及が遅れているインバーター技術を採用したタイプは4万5,000ルピー。同社によると、このタイプは通常タイプに比べて電気代を50%削減できるという。NK・ラオ南部事業担当取締役は「価格は割高だが、電気代を半減でき長期的には初期投資を十分相殺できる」としている。

  同社はラジャスタン州ジャイプール近郊に工場を持ち、南部だけで400店の販売網を構築している。うち120店がアンドラプラデシュ州に集中し、ビサカパトナムでは8店を展開している。

5/11/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/21014

トラックバック一覧(0)