日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/07/2012 12:00 AM

  チャラン・マハント食品加工相は4日、国内で生産される果物の推定5.8%、野菜の同18%が消費されることなく廃棄されているとの報告を国会で行った。

 金額に換算すると4,400億ルピーに上る。

  マハント氏はこの問題の解決に向け、生鮮食品の鮮度を保つための冷蔵物流整備をシン内閣の方針として進める計画を明らかにした。

  計画の実現に向け、食糧加工省は他の政府機関や州政府などとともに冷蔵物流整備事業に補助金を拠出する方針。

  これと関連して、食品加工省の作業部会は第12次5カ年計画の一環として、同省が支援する事業の実施状況を監視、監督するための機関「国家食品加工計画(NMFP)を政府内に設置するよう提案している。

  インドの2010年度の果物の生産量は7,487万7,000トン、野菜は1億4,655万4,000トンでいずれも世界2位となっている。

5/4/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20950

トラックバック一覧(0)