日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/06/2012 12:00 AM

  フォルクスワーゲン(VW)は、セダン「ヴェント」と小型車「ポロ」の「インディアン・ プレミア・リーグ(IPL)仕様モデル2」を発表した。

  同社が両車種のIPLモデルを発売するのは昨年に続いて2度目で、今月12日に発売する。

  新モデルでは、車体後部とドアの敷居部分にIPLのロゴをあしらった。内部にはカーオーディオシステムやナビゲーションシステムを搭載。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)も利用できるほか、フロアマットも従来モデルからさらにグレードアップした。価格はヴェントが70万8,000ルピー、ポロが61万3,000ルピー。

  ヴェントの初代IPLモデルは昨年、2,000台を売り上げた。VWのインド子会社、VW・グループ・セールス・インディアのニーラジ・ガルグ乗用車担当取締役によると、IPLモデルを発売したことでショールームの来場者が増えたほか、ほかの車種の販売台数も増えるなどの効果があったという。

  VWはIPLと2年間のスポンサー契約を締結している。4日に開幕したレギュラーシーズンの期間中、試合のテレビ中継でCMを流すほか、スタジアムに広告を出すなど積極的な広報宣伝活動を展開する計画だ。

  同社の3月の国内販売台数は8,326台と、前月の6,529台から27.5%増加したほか、前年同月(8,095台)との比較でも約2.9%増えた。

4/4/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20764

トラックバック一覧(0)