日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/23/2012 07:57 AM

 みずほコーポレート銀行とカルナタカ州政府はこのほど、同州への投資促進に向け相互に協力することで合意し、覚書を締結した。

 調印式にはカルナタカ州から同州への投資の受け付け窓口となっている部局、カルナタカ・ユドヨグ・ミトラの代表やムルゲシュ・ニラニ産業相、みずほ側からは同行の複数の幹部が出席した。

 みずほはこれまでにバンガロールでの支店開設の認可申請をインド準備銀行(中欧銀、RBI)に提出しており、現在審査待ちの段階。申請が認められ、支店を開設した場合、主に同州に進出している日本企業への融資を手掛ける方針だ。

 ニラニ氏ら同州幹部らで構成する代表団は先ごろ、6月にバンガロールで開催される州への投資拡大について話し合う会議「グローバル・インベスターズ・ミート2012」への日本企業の参加を促すため、先ごろ日本を訪問した。滞在中は経済産業省や外務省、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)の幹部のほか、ホンダ、トヨタ、ソニー、三菱、日立、JR東日本、ダイキン工業など大手企業と相次いで面会した。話し合いの中でニラニ氏らは州政府として全面的に支援することを確約し、日本企業に産業インフラや鉄道部門への投資拡大を求めた。日本訪問には州の産業、観光、エネルギーの各部局の幹部らも同行した。

4/19/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20879

トラックバック一覧(0)