日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/12/2012 12:00 AM

  ウィプロ・インフォテックは医療機関向けサービスを手掛ける事業部門を新たに設立する。

  病院などにパソコンやサーバーをはじめとするハード面での支援や、コンサルティングなどのサービスを提供する。インドでは専門病院など新たな医療施設の新設が相次いでおり、専門の部署を設立して新たな需要の取り込みを目指す。

  ウィプロは所得の増加や健康に対する国民の意識の高まりにより、今後地方で心臓病やがん、眼疾患などの治療を手掛ける専門病院の設置が進むとみており、新事業では中小都市の開拓を進める考えだ。

  これまでに南部を拠点に腫瘍(しゅよう)の治療を行う医療機関から人事や給与管理に関するシステムの構築を受注した。

  IT企業からのヘッドハンティングにより、国内の医療業界では病院などに勤務する専属の技術者が不足していることから、ウィプロは今後IT関連インフラのメンテナンス業務などで大きな需要が見込めるとみている。

4/9/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20805

トラックバック一覧(0)