日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/20/2012 12:00 AM

 サムスン・インディアは18日、スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)「ギャラクシー」の新製品「ギャラクシーSアドバンス」と「ギャラクシー・ポケット」を発表した。 

 新製品は紛失した際などに、保存してあるデータを遠隔操作で消去できる機能を搭載したのが特徴。今回の発売で同社がインド国内で販売するスマホのモデルは19種類に増えた。価格は「Sアドバンスが2万6,900ルピー、ポケットが8,150ルピーとなっている。

 ランジト・ヤダブIT・モバイル担当社長によると、来月にタブレット型端末の新製品を発売するのをはじめ、年内にさらに複数のモデルをインド市場に投入する予定だという。

 新作発表会後の記者会見でヤダブ氏は国内のスマホの普及について「昨年の800万-1,000万台から今年は2,000万台に増える」との見通しを示した。そのうえで、サムスンの国内シェアを現在の44.7%から年内に60%に引き上げる考えを表明した。

 サムスンはマーケティング戦略の一環としてネット通販サイト「ランドマーク」と提携。書籍や雑誌などを無料で提供するサービスを展開している。

4/17/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20868

トラックバック一覧(0)