日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/27/2012 12:00 AM

 マルチ・スズキは、ハリヤナ州ロータクに新たな自動車教習所「運転交通研究所(IDTR=Institute of Driving and Traffic Research)」を開校した。

  同校はマルチとハリヤナ州政府が共同で設立した教習所。年間約2万人の教習生を指導する。

  IDTRは、マルチがインド国内で独自に運営する自動車教習所。同社はこれまでにウッタルプラデシュ州ガジアバード、デリー南部のサライカレカンなど4カ所でIDTRを開校しており、ロータクは5カ所目。

  新たなIDTRは敷地面積14エーカー(約5万7,000平方メートル)。教習コースの長さは1.8キロメートル。このほか各40人を収用できる教習室を6室、2台の運転シミュレーター、図書室などの施設を完備する。保有する教習車は普通車が6台、バスが2台。

  無免許者を指導する一般コースのほか、免許保有者や警察、法人、交通違反歴があるドライバー向けなど複数のコースを提供し、多様なニーズに応える。

  国際道路連盟の報告によると、国内の交通事故死亡者数は年間16万人、事故による経済的な損失は年間1兆ルピーに達する。世界の運転免許保有者数にインド人が占める割合は1%ほどだが、事故による死亡者数は10%を超える深刻な状況が続いている。

4/24/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20915

トラックバック一覧(0)