日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/12/2012 12:00 AM

  バルティ・エアテルは10日、第4世代(4G)携帯電話サービスの提供をコルカタで開始した。

  現地で開催された記念式典でカピル・シバル通信・情報技術相がサービスの開始を宣言した。

  バルティのスニル・ミッタル会長は「インドは世界で最も若者の多い国の1つ。高速通信が普及すれば、社会に変革が起きる可能性がある。バルティはインドの未来を創造するという作業でも大きな役割を果たしたい」と抱負を語った。

  バルティは「4Gの商用サービスを実施している国は世界でもまだ少数」とし、「インドは世界に先駆けて同サービスを導入した国となった」と強調している。

  同社は2010年に実施された広帯域無線アクセス(BWA)用周波数帯域をめぐる競争入札で、コルカタ、マハラシュトラ(ムンバイを除く)、パンジャブ、カルナタカの4つの通信地域で周波数帯域を獲得した。

4/10/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20801

トラックバック一覧(0)