日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/16/2012 07:57 AM

 三井住友海上火災保険はこのほど、地場保険大手マックス・ニューヨーク生命の発行済株式26%を取得することで合意した。取得額は273億1,000万ルピーで、すべて現金で取得する。

 マックス・ニューヨーク生命はコングロマリット、マックス・グループ・インディアと米ニューヨーク生命の合弁会社。三井住友はマックス・ニューヨークへのニューヨーク生命の持ち分すべてを取得し、ニューヨーク生命はマックスとの関係を解消する。マックス・インディアの持ち株比率は現在70%。

 ニューヨーク生命は保有する26%のうち、16.6%を三井住友に直接売却する。残りの9.37%はマックスに売却し、マックスがその後三井住友側に譲渡する。

 三井住友の柄澤康喜社長は「マックス・ニューヨークとの提携は当社にとりベストの選択肢。広範な販売網と商品群でインドの成長を取り込みたい」と意気込みを語った。今回の案件では米シティグループが三井住友のアドバイザーを務めた。

4/13/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20825

トラックバック一覧(0)