日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/22/2012 12:00 AM

  カールスバーグ・インディアは4月1日から、ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)「フェイスブック」上で、サッカー欧州選手権2012(UEFAユーロ2012)とタイアップしたキャンペーンを始める。

 キャンペーンに参加した人の中から当選者1人を選び、同大会の準決勝第2試合で「マン・オブ・ザ・マッチ(試合の最優秀選手)」に選ばれた選手に同賞を授与するプレゼンターを務める特典を与える。国内でのサッカー人気を売り上げの増加につなげる狙いだ。

  スボドゥ・マルワ・マーケティング担当取締役は「インドでは近年、サッカー人気が高まっている。ビッグイベントでアピールする場を設け、新たな顧客層獲得を実現させたい」と語った。

  欧州選手権は各国の代表チームが参加し、4年に1度開催されるサッカーの大陸選手権大会。今回は6月9日-7月1日の日程でポーランドとウクライナで開催される。カールスバーグは今回を含め、7大会連続で同大会の公式スポンサーを務めている。キャンペーンの当選者がプレゼンターを務める試合はポーランド・ワルシャワで行われる。

  カールスバーグは過去4年間にわたり、国内ビール市場のメーカー別売上高で3位を維持している。だが、11年の売上高は前年比約6%増にとどまり、10年の同17%増から大幅に減速した。今年は8-10%程度の成長を目標に、巻き返しを図る。

  同社は現在、マハラシュトラ、西ベンガル、ラジャスタン、ヒマチャルプラデシュ、アンドラプラデシュの5カ所に製造工場を構えている。

3/19/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20656

トラックバック一覧(0)