日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/28/2012 07:16 AM

 インド決済公社(NPCI)は26日、デビットカードサービス「ルペイ(RuPay)」の提供を開始した。インド独自のデビットカードシステムの運用を始まるのはこれが初めて。

 現金預払機(ATM)システムの欧州最大手ユーロネットから技術協力を得た。

 インド準備銀行(中央銀行、RBI)のG・パドマナバン理事は「いずれビザやマスターカードに取って代わる存在になる」と今後の普及に自信を見せた。

 NPCIは小売業の決済システムの統合・標準化を目指し、インド銀行協会(IBA)と各銀行が中心となって設立した組織。設立メンバーにはステート・バンク・オブ・インディア(SBI)やパンジャブ銀、ユニオン・バンク・オブ・インディア、カナラ銀、バロダ銀、インド銀行、ICICI銀行HDFC銀行などが名を連ねている。

3/26/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20691

トラックバック一覧(0)