日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/19/2012 12:00 AM

  英高級二輪車メーカー、トライアンフ・モーターサイクルズはカルナタカ州に二輪車工場を建設する。トライアンフは現在、本国英国とタイに工場がある。

  同社は先月、カルナタカ州政府と覚書を締結しており、1年以内の稼働を予定している。デリーでの現地法人の設立と同時に生産拠点を設けることで、二輪車の販売台数で世界2位のインド市場の開拓を加速させる狙いだ。

  主要部品を輸入して、工場で製品に組み立てるノックダウン方式を採用する。既に近くに港湾設備があるコラール県ナラサプールに広さ40エーカーの用地を取得する方針を決めた。海外に製品を輸出することも想定しているという。

  トライアンフはインド市場に7つの車種を投入する方針だ。新工場ではこのうち「ボンネビル」、「ストリート・トリプル」、「スピード・トリプル」、「デイトナ675」の4車種を生産する。将来的には部品を含めた一貫生産体制に移行する可能性もある。

  インドでの知名度向上に向け、工場が完成する前の段階で海外から製品を輸入して販売を開始する。7月までに4社と販売代理店契約を結ぶ方針で、3年後に12店にまで拡大する。

3/14/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20630

トラックバック一覧(0)