日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/12/2012 05:09 AM

  スポーツ用品ブランド、リーボックはインドでスポーツクラブの本格展開に乗り出す。

 同社は2011年12月にスポーツジム「クロス・フィット」と提携し、グルガオンに国内1号店オープンしている。年内に大都市を中心に9カ所に「リーボック・クロス・フィット・ジム(通称・ボックス)」を開設する。すべてのジムにクロス・フィット公認のインストラクターを配置する。

  「クロス・フィット」はエクササイズを個人単位で行うものではなく、「グループスポーツ」としてとらえ、世界中で人気を集めている。運営するジムの数は11年末時点で世界47カ国・地域、2,700カ所以上に上る。

  利用者の獲得に向けて、今月15日からテレビCMの放映を開始するほか、雑誌や新聞などに広告を出すなど「スポーツ・オブ・フィットネス」と銘打ったキャンペーンを大々的に展開する。

  今年下期(6-12月)からは「リーボック・クロス・フィット」ブランドのフィットネス器具の販売も開始する予定だ。

  リーボック・インディアのサジド・シャミン・ブランド・ディレクターは「この2年間の国内フィットネス器具市場の伸びは著しい。スポーツ人口は確実に増えている」と話し、勝算はあるとの見方を示した。

3/7/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20586

トラックバック一覧(0)