日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/09/2012 03:06 AM

 英キャッシュ&キャリー・チェーン、ブッカーはインドでの出店を強化する。

 現在はムンバイなどマハラシュトラ州内に3店舗を持つのみだが、今後5年間で同州を含め全国で20店舗をオープンする計画だ。インド市場で先行する米ウォルマートや独メトロなどに対抗する。

 ブッカーは本国英国で172店舗を展開しており、インドには2009年に参入。現在、マハラシュトラ州のムンバイ、プネ、タネの3都市で店舗を運営する。インドの店舗では、国内生産の商品のみを販売している。一部の商品については英国の店舗でも販売しており、来年にかけてさらに品目数を増やす方針だ。

 今後、政府が複数ブランドを取り扱う小売業に対する規制を緩和・撤廃した場合でも、同社はインドでの小売事業には参入しない方針を示している。インド法人のズナイド・バンジー社長は理由について「小売業者を主な顧客とする事業モデルを維持したい。小売業に参入すれば現在の顧客と競合することになり、われわれの本意ではない」と述べている。

 ほかの外資系大手ではメトロが同様の方針を打ち出している。一方、ウォルマートと仏カルフールはインドでの店舗展開をにらみ、政府に早期の規制緩和を求めている。

3/7/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20576

トラックバック一覧(0)