日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/05/2012 03:16 AM

 自転車国内最大手ヒーロー・サイクルズは、小売世界最大手の米ウォルマートと販売提携契約を結んだ。

 ウォルマートが27カ国で展開する1万130店すべての店舗でヒーローの自転車を販売する。ヒーローはウォルマートが持つ広範な販売網を活用することで海外展開を加速させる狙いだ。

 ウォルマートが現在販売する自転車はほぼすべてが中国製。同社がインドメーカーの自転車を販売するのは初めて。販売価格は1台1万ルピー程度になるとみられる。

 ヒーローは既に国内で、ウォルマートとバルティ・グループの合弁会社バルティ・ウォルマートが展開するキャッシュ・アンド・キャリー店への製品の供給を始めている。

 パンカジ・ムンジャル社長は「2015年までに年間販売台数1,000万台を達成すること目標に掲げている。実現には海外での販売を強化する必要がある」と、ウォルマートとの提携に至った理由を説明した。

 ヒーローが先ごろ新たに設立した高級自転車ブランド「アーバン・トレール」事業を統括するプラビン・パティル氏は「中国政府が自国の自転車メーカーに拠出する補助金などを考慮しても互角に渡り合える」と述べた。

 中国政府は自国メーカーに補助金を拠出しているほか、輸出後、相手先の国でかかる輸送費を負担するなど自転車輸出の拡大に向けた支援策を推進している。

3/1/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20537

トラックバック一覧(0)