日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/09/2012 03:09 AM

 携帯電話会社を変更しても従来の電話番号を継続して使用できる仕組み「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)」制度の利用者数が、サービス開始から1年となる今年1月末時点で全国で3,279万人に上った。インド電気通信管理局(TRAI)の報告書によるもの。

 州別の内訳ではカルナタカ州が339万人で最多。2位はグジャラート州とアンドラプラデシュ州が304万人で並んだ。

 インドのMNP制度は10年11月にハリヤナ州で試験的に導入された後、昨年1月末から全地域でサービスが開始された。

 サービスを申し込む場合、ユーザーはまず現在使用する端末からMNPサービス申し込みのため、各社共通で使用する電話番号「1900」にショートメッセージを送信する。現在使用する携帯会社は折り返しユーザーにコード番号を送信。ユーザーは申込書にこの番号を記載して、新しい携帯会社に提出する。費用は最大で19ルピーとなっている。いったん携帯会社を変更すると、最低3カ月間は別の会社に乗り換えることはできない。

 TRAIが同日発表した1月時点の国内携帯電話加入者数は9億373万人だった。

3/6/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20578

トラックバック一覧(0)