日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/30/2012 12:00 AM

 コングロマリットのKKモディ・グループは、国営インド石油(IOC)がインド全域で運営するガソリンスタンドの敷地内に設置するコンビニエンスストア「トゥエンティー・フォー・セブン」の出店を加速する。

 これまではニューデリーのみの出店だったが、売り上げが好調なことから全国展開に乗り出す方針を決めた。当面の目標として、総事業費250億ルピーを投じて1,000店舗体制を構築する考えだ。

 まず、2012年度中に20-30店舗をオープンし、2年目以降は年200店舗のペースで出店する。

 両社は2年前、KKモディがIOCのガソリンスタンド内にコンビニをオープンすることで合意した。契約に基づき、IOCは1店舗当たり約1,000万ルピーの資金を負担する。ニューデリーで24時間営業のコンビニチェーンを展開するのは現在トゥエンティー・フォー・セブンのみとなっている。

3/27/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20710

トラックバック一覧(0)