日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/12/2012 05:02 AM

  米経済誌フォーブスはこのほど、2012年版世界長者番付を発表した。
 個人資産10億米ドル以上の富豪は世界全体で昨年から1%増えて1,226人となり、過去最高を更新した。インドからは全体の約4%強に当たる48人がランクインした。ただ、インドにルーツを持ちながら、現在欧米やインドネシアなど海外に拠点を置く9人を含めると57人に増える。

  インド人のトップは19位に入った石油化学大手リライアンス・インダストリーズ(RIL)のムケシュ・アンバニ会長兼社長で、総資産額は223億米ドル。フォーブスはムケシュ氏を「過去1年間で47億米ドルを失ったが、依然としてインド最大の富豪の地位を保っている」と紹介した。

  インドからはこの他、鉄鋼世界最大手アルセロール・ミタルのラクシュミ・ミタル会長兼最高経営責任者(CEO)が21位(207億米ドル)、ITサービス大手ウィプロのアジム・プレムジ会長が41位(159億米ドル)、鉄鋼大手JSWスチールなどを傘下に持つコングロマリット(複合企業)ジンダル・グループのサビトリ・ジンダル非常勤会長とその親族が80位(109億米ドル)、携帯電話最大手バルティ・エアテルのスニル・ミタル会長兼社長と親族が113位(81億米ドル)、コングロマリット、アディティヤ・ビルラ・グループのクマール・ビルラ会長が116位(80億米ドル)、ムケシュ氏の弟で、金融グループ、リライアンス・キャピタルのアニル・アンバニ会長が118位(78億米ドル)にそれぞれランクインした。

  全体の1位はテルメックス、テルセル 、アメリカ・モービルといったメキシコの大手通信企業を所有する同国の実業家カルロス・スリム氏が690億米ドルで3年連続世界一の富豪となった。2位は米マイクロソフトのビル・ゲイツ会長(610億米ドル)、米国の著名投資家、ウォーレン・バファット氏が440億米ドルで3位に入った。

  今回富豪と認定された1,226人の資産を合わせた額は4兆6,000億米ドル、平均資産額は37億米ドルに上る。インドから選ばれた48人の資産総額は1,946億米ドルだった。

  富豪の数は、同誌が調査を始めた25年前の140人から9倍以上に増えた。

3/8/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20582

トラックバック一覧(0)