日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/23/2012 12:09 AM

 インドの国民が銀行に預けている預金の総額は4,061億7,000万ルピーだった。政府の発表によるもので、2011年9月時点の額。

 1962年にはわずか9,000万ルピーだった国民の総貯蓄額は08年度に2,604億5,000万ルピー、10年度には3,416億5,000万ルピーと増加を続け、昨年ついに4,000億ルピーの大台を突破した。95年度から2000年度の間に全体の貯蓄額は127%増加している。

 政府はこの結果について、「国民の間で近年、貯蓄志向が高まる傾向にある」と分析している。

 1人当たりの平均貯蓄額を地域別にみると、デリーが31万6,000ルピーでトップ。2位はチャンディガルの23万2,000ルピー、3位はゴア州で17万2,000ルピーだった。

3/21/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20662

トラックバック一覧(0)