日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/21/2012 03:21 AM

 コーヒーチェーン国内最大手のカフェ・コーヒー・デイ(CCD)は16日、専用プリペイドカード「カフェ・モメンツ(Cafe Moments)」の発行を開始した。全店舗で使用できる。新たなサービスで来店者の利便性を向上し、今年8月に予定される米スターバックスのインド参入を前に顧客の囲い込みを目指す。

  カードの限度額は100-5,001ルピーまで。利用者には定期的に特典を提供する他、カードの購入額に応じて商品を5-10%割引する制度も設ける。

 ラマクリシュナン・マーケティング担当社長はスターバックスのインド進出について「不安は無い。インドのコーヒーチェーンビジネスの歴史は浅く、飽和状態にはほど遠い。まだまだ成長の余地はある」との認識を示した。

 同氏はまたCCDの店舗数が全国で1,270店に上ることに言及し、「インド市場の特性を理解する上でCCDはスターバックスより優位な立場を築いている」と強調し、自信を示した。

 スターバックスがCCDの有能な人材の獲得に乗り出す可能性についても「従業員には大きな権限を与えている。優れた人材は早く出世する働きがいのある職場だ」と述べ心配無いとの見方を示した。

2/16/2012



この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20440

トラックバック一覧(0)