日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/17/2012 12:23 AM

  政府はパートタイムで働く女性の社会保障の給付水準を、正社員の女性と同じ水準に引き上げる方針を固めた。

  シン首相は、14日に開幕した第44回インド労働会議の冒頭で、「パートで働く女性労働者への社会保障や福利厚生などをフルタイムの女性と同等にする必要がある」と述べ、必要であれば関連法の改正に着手する考えを示した。

  シン首相はまた、過去数十年にわたり女性の社会進出が低い水準にとどまっている現状に触れ、「女性の職場進出を促す上で、家庭と仕事を両立させることの負担を社会全体で理解する必要がある」と強調した。

  労働者のスキル向上では、「新たな技能の習得を目的とした研修センターの建設が当初計画より遅れている」とし、民間からの投資拡大を促した。

  技能を身に付ける経済的余裕が無い家庭の子どもが、早い年齢での就労を余儀なくされていることも問題視し、国と産業界が協力してこうした子どもたちの技能習得にかかる費用を負担していく必要性があるとの認識を示した。

2/14/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20419

トラックバック一覧(0)