日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/16/2012 02:56 AM

  イタリアの高級紳士服ブランド、カナーリは海外ブランド品の販売・マーケティングを手掛けるジェネシス・ラグジュアリー・ファッション(本社・ニューデリー)と合弁会社を設立した。

  カナーリ製品のインド国内での販売は、ジェネシスがカナーリから販売権を取得して4年前から手掛けてきたが、今後は合弁会社が独占的に扱う。

  カナーリは現在、ジェネシスを通じてNCR地域やムンバイ、グルガオンなどで専門店を5店舗運営している。両社は合弁設立を機に今後3-4年で新たに10-15店舗を開業する計画だ。

  カナーリは外国投資促進委員会(FIPB)から先週、合弁会社設立の承認を取得した。出資比率はカナーリが51%、ジェネシスが49%。政府が1月に単一ブランドを展開する外資小売業に対する投資規制を撤廃して以来、初めての投資案件となる。

  カナーリのステファノ・カナーリ部長は「インドの紳士服市場が持つ潜在成長力は極めて高い。ジェネシスとの協力を通じて事業基盤をさらに強固なものにできると確信している」と述べた。

2/13/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20408

トラックバック一覧(0)