日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/09/2012 11:13 AM

 神戸製鋼所の子会社コベルコクレーン(本社・東京都品川区 )の、アンドラプラデシュ州のクレーン工場が本格稼働を開始した。外国企業がインドにクレーン工場を設けるのはコベルコクレーンが初めて。

 新工場はコベルコにとっても初の生産拠点となる。建設地はAP州チットール県内にある経済特区「スリシティ」で、工場の総面積は4万平方メートル。2011年3月に着工、同11月に完成した。

 工場の生産能力は年間100台で、2011年の目標生産台数は90台。100トン、150トン、250トンクラスの各種クレーンを生産、周辺国への輸出も検討中だ。部品の現地調達率は年内に35%、その後50%にまで引き上げる計画。現地生産でコストを抑え、15年までに国内クレーン市場で20%のシェア獲得を目指す。

2/6/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20352

トラックバック一覧(0)