日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/02/2012 10:24 PM

  エア・インディア(AI)は国内線の短距離路線のエコノミークラスで機内食を廃止した。経費削減政策の一環で、今月1日から実施している。

  同社はこれまでインドの航空会社としては例外的に全便で機内食サービスを実施していたが、苦しい財務状況を受けて業界の慣例に従う方針を固めた。今後は所要時間1時間以下の便ではパック入りの軽食と水、ジュースのみを提供、コーヒーや紅茶は乗客からの注文に応じて提供する。所要時間が1時間以上、1時間半以下の便ではサンドイッチとブラウニー、水、コーヒー、紅茶が提供される。エグゼクティブクラスと所要時間が1時間半以上のエコノミークラスについては、従来通りの機内サービスを継続する方針。

  AIは6,500億ルピー(約1兆円)に上る巨額の債務を抱え、従業員3万2,000人に対する2カ月分の給与および5カ月分の手当の支払いなどが滞っている。これに対し、一部のパイロットや客室乗務員たちが今年1月初めに抗議のストライキを実施するなど、反発を強めている。

2/1/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20326

トラックバック一覧(0)