日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/07/2012 03:49 AM

  LGは先日、インドでロボット型掃除機「Hom-Bot」を発売した。価格は4万3,990ルピー。インドのIT機器メーカー、ミラグロウ・ヒューマン・テックも、同商品の発売を開始。機種は2モデルで、価格は1万6,990ルピーと9,990ルピーとなっている。

  ミラグロウはフリップカート・ドット・コム、レッツバイ・ドット・コムなどのネット通販サイト、リライアンス・デジタルなどの家電量販店、大型スーパーなどと提携して同商品を販売する。今後2年間は売上高の10%を広告戦略に投資、主に大都市と地方の中核都市の開拓を目指す。同社は今後、インド工科大学(IIT)と提携し新技術の開発を進める方針だ。

  インドの2011年の掃除機の年間販売台数は40万台。15年には75万台に拡大する見込みだ。ロボット型掃除機は15年には掃除機市場の13-14%を占める見通し。米国などではロボット型が全体の25%を占めている。
 
02/02/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20334

トラックバック一覧(0)