日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/13/2012 07:13 AM

 全国ソフトウエア・サービス企業協会(NASSCOM)は9日、IT・ITes(情報技術活用サービス)業界の成長予測を発表した。2012年度の市場規模が前年度比16.7%増え「4兆9,000億ルピーを突破する」とする一方、2013年度についてはユーロ危機をはじめとする先行き不透明な世界経済や為替リスク、主要都市で選挙が実施されることなどを理由に減速すると指摘し、成長見通しを当初予測から11-14%へ下方修正した。

 成長の鈍化に伴い業界の平均昇給率も10-14%から8-10%へ見通しを改め、成長を再び軌道に乗せるには、所得税法の改正や物品サービス税(GST)の導入、経済特区の整備などの政策を進める必要があるとの見方を示した。

 また、長期予測も示し、今後5年間で平均13%の成長を達成できれば、20年の市場規模は11兆ルピーに拡大するとした。

 IT・ITes業界の雇用数は現在280万人。本年度だけでこれまでに20万人増加している。

2/9/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20371

トラックバック一覧(0)