日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/15/2012 06:08 AM

 2011年12月のクレジットカードによる決済額は842億1,000万ルピーで、前年同月から53%増加する一方、有効カード枚数は1,760万枚と、14.4%減少したことが分かった。インド準備銀行(中央銀行、RBI)が実施した調査によるもの。11年4-12月期の決済額は7,071億1,000万ルピーで、前年同期と比べて54.4%増えた。

 一方、クレジットカード以上に普及が進むデビットカードは12月の決済額が487億7,000万ルピーと、前年同月比2倍の増加となった。同月のデビットカードの有効枚数は同54.6%増の2億6,370万枚だった。4-12月期の決済額は3,938億2,000万ルピーと、前年同期から2倍以上に膨らんだ。

 業界筋では「都市部を中心に従来の支払い方法に変わり電子決済が浸透していることが鮮明になった」と話している。

2/12/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20392

トラックバック一覧(0)