日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/20/2012 02:37 AM

  ジョシ運輸相は15日、第12次5カ年計画(2012年4月-17 年3月)期間中に高速道路整備事業に総額1,200億米ドルの予算を計上する方針を明らかにした。現行の11次5カ年計画でこれまでに投じた約282億米ドルを約4.3倍上回る。

  予算は全国にある単線道路のうち、計2万kmを2車線道路に作り直す事業に充てる。国立高速道路局(NHAI)の方針に従い、事業の大半でEPC(設計・調達・建設)方式を採用する。年度ごとに7,300km分の施工業者を決める計画だ。電子入札や電子調達を導入し、建設費の圧縮や予定期間内の完成を目指す。

  道路利用者へのサービスの質向上に向けた取り組みでは、有料道路を運営する民間企業を監督・指導するための新たな部局を設立する。インドでは近年、民間企業による有料道路運営事業への参入が拡大している。

  ジョシ氏はまた、NHAIが発行した非課税の建設国債により1,000億ルピーを調達したことを明らかにした。同氏は「建設国債は機関投資家や富裕層にとって魅力的な投資先となり得る」と強調した。

2/15/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20435

トラックバック一覧(0)