日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/29/2012 12:00 AM

 インドでフランチャイズ市場の拡大が続いている。

 同市場はこの4-5年の間、前年比約30-35%増のペースで急成長を遂げ、2011年の市場規模は40億米ドルに達した。

  以前はフランチャイズ方式による事業展開は主に教育産業に限られていたが、近年では飲食やサービス産業など、業種のすそ野が広がってきている。

  現在国内でフランチャイズ方式を積極的に展開する企業には、保育園チェーン「ブレインワークス」、米大手コーヒー・チェーン「コーヒー・ビーンズ&ティー&リーフ」、オーストラリアのクッキー・チェーン「クッキーマン」、ニュージーランドのデザート・チェーン「ニュージーランド・ナチュラルズ」などがある。

  2月25-26日、フランチャイズ業界の関係者が集まる会議がハイデラバードで開催された。今後同ビジネスは大都市だけでなく、地方都市でも急速に拡大していくとみられている。

2/25/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20507

トラックバック一覧(0)