日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/02/2012 10:14 PM

 通常モデルの販売価格が14万ルピーと低価格車として話題になったタタ・モーターズの超小型車「ナノ」。その特別仕様車が、1,000万ルピーを超える価格で取り引きされたことがわかり、話題になっている。「ナノ」の通常モデル価格は14万ルピーで、100倍以上の超高級モデルだ。

 特別仕様車は通常モデルには無いタッチスクリーンで操作できる娯楽システムを車内に装備。電子制御方式で走行し、スズキのスポーツバイク「ハヤブサ」のエンジン(1,600cc)を搭載した。購入したのはインド人経営の英国企業だが、今回の特別仕様車は英国の交通法規に基づき、公道を走ることは出来ない。

  「ナノ」の特別仕様車はほかにも、11年9月にタタ・グループ傘下で宝飾品販売を手掛けるゴールドプラス・ジュエリーが車体一面に宝石をちりばめた車を発表している。

2/1/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20323

トラックバック一覧(0)