日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/16/2012 11:23 AM

 TOTOは12日、グジャラート州に衛生陶器の製造拠点を設立すると発表した。インドでの事業拡大が目的。インドの衛生陶器市場にはすでに海外メーカーも参入を始めており、TOTOが従来ターゲットとしてきた高級ゾーンで需要の拡大が見込まれるとしている。TOTOでは、長期ビジョン「TOTO Vプラン2017」で「海外住設事業」を柱の1つに据え、事業基盤を確立している北中米、中国に続き、インドを重要な新規参入マーケットとして位置付けている。

 2011年1月のインド現地法人「TOTOインディア」の設立に続き、今回、インド市場向けの製造拠点として「TOTOインディア・インダストリーズ(グジャラート工場)」を設立する。工場は12年3月に着工し、13年末竣工(予定)、14年7月から本格稼動を目指す。工場敷地面積は約18万平方メートル、建屋約6万平方メートル。年間生産能力は、衛生陶器約50万個、従業員数は約500人。投資金額は約60億円と見込まれる。(12年1月12日、TOTOのニュース・リリースから)

1/13/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20163

トラックバック一覧(0)