日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/31/2012 04:22 AM

 28日付タイムズ・オブ・インディア紙(1・18面)によると、26日に公開された映画「Agneepath」は、喫煙シーンでタバコの有害性についてのテロップを流した最初のインド映画になった。制作者が中央映画認定委員会(CBFC)の求めに応じて行われたもの。

 インドでは映画やテレビの喫煙シーンが喫煙を助長しているという批判があり、保健・家族福祉省がCBFCを管轄する情報・放送省に喫煙シーンの規制を求めていた。CBFCは、表現の自由の観点から喫煙シーンを全面禁止にはせず、映画の冒頭および喫煙シーンで、タバコが健康に有害であるとのテロップを流すことを義務付けた。CBFCのパンカジャ・タクル委員長は「今後、タバコやアルコールの消費を促す映画は、認定を受けるためには、規定のテロップを流すか、そうしたシーンをカットするかのいずれかを行わなければならない」と述べている。

1/30/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20282

トラックバック一覧(0)