日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/20/2012 12:06 PM

 最高裁は18日、上位カーストの父と指定部族(ST)の母との間に生まれた子供が、母と同じSTの地位を取得することができるとする判決を下した。

 訴えた男性は、上位カーストであるクシャトリヤに属する父とSTに該当するナヤクの母との間に生まれたが、主にSTとして育てられ、州政府のST優遇政策によって与えられた小規模店舗を経営していた。しかし、州政府の調査委員会が、男性の父が上位カーストのヒンドゥー教徒であるという理由でST位を取り消し、店舗を没収したため、男性は取り消しの無効を裁判所に訴えた。グジャラート高裁は州政府を支持し、ST位の取り消しを認めたため、男性が上告していた。

 最高裁は、男性の父が上位カーストのヒンドゥー教徒であるという理由だけで男性が母と同じST位を取得するのを妨げることはできないとし、男性の訴えを認め、高裁の判決を破棄した。

 さらに、最高裁は、異なるカースト間での結婚が増加しており、妻に夫と同じカースト上の地位を与えることを検討してもいい時期が来ていると述べている。(19日付タイムズ・オブ・インディア紙15面から)

1/19/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20209

トラックバック一覧(0)