日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/13/2012 11:28 AM

 三ツ星ベルトのインド現地法人であるミツボシ・ベルティング・インディアは、マハラシュトラ州ナビムンバイのTTC工業団地内で建設を進めている新工場を3月17日に操業開始すると発表した。2012年秋の完成予定を半年繰り上げる。自動車メーカー向けにタイムリーで安定した自動車用ベルトの供給体制を早期に構築する。

 インド新工場は、同社の綾部生産システム開発センターで開発した新生産方式で、面積が従来の約3分の1程度となる予定。少人数で高品質なベルトの生産を可能にしている。今後、この方式を全世界へ展開する方針。同工場の敷地面積は3千平方メートル、現法の当初資本金は4億ルピー(約8億円)、5年後に5億-10億円 の売上高を目指す。(12年1月11日、三ツ星ベルトのニュース・リリースから)

1/12/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20153

トラックバック一覧(0)