日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/26/2012 12:06 PM

 NTTデータは2月から、主に公共・金融分野を担当する2011年度入社社員約300人を対象に、海外研修を実施する。対象となる部門のパブリック・アンド・フィナンシャルカンパニー(P&Fカンパニー)は、海外におけるシステム開発や実証実験に加え、オフショア開発委託や企業との資本提携、グループ会社の新設を実施するなど、海外ビジネス案件が増加している。

 今回、ビジネス上のつながりが深いインドおよび中国を主な派遣先として、現地の文化・ビジネス環境やコミュニケーションスキルを習得するための13日間の研修を実施する。派遣方法は1グループ最大20人、16回に分けて派遣する。インドの派遣先はグループ会社であるエイペックス・システムズ(本社:シンガポール)のインドの開発拠点法人。カリキュラム内容は、現地文化・商習慣・ITビジネス関連の講義、日常会話習得のための語学学習、オフショア開発の実践演習などとなっている。(12年1月24日、NTTデータの発表から)

1/25/2012


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20261

トラックバック一覧(0)