日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/14/2011 11:50 AM

 13日付のビジネス・ライン紙(2面)によると、インドの建設機械市場への外国企業の進出が加速している。

 三菱重工業は先月、インドのアヌパム・インダストリーズと港湾向けコンテナ取扱クレーンなどの大型搬送機器を製造する合弁会社を設立した。事業は国内、国外市場両方に展開する方針で、グジャラート州アナンドとムンドラに28億ルピーを投資して工場を新設する。

 フィンランドのコンクレーンズは先日、インドで最も歴史のあるクレーン会社のひとつであるWMIクレーンズを買収した。スペインのリンデン・コマンサはハリヤナ州拠点のエスコーツ・コンストラクション・エクイップメントとタワー・クレーンの販売、メンテナンス事業で提携した。エスコーツのマーケティング担当副社長ラジェシュ・シャルマ氏は「インドの建設機械市場は4年間ごとに2倍に成長している。2015年には3,600億ルピーを突破する見込みだ」と述べた。

12/13/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19957

トラックバック一覧(0)