日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/02/2011 11:48 AM

 1日付のビジネス・ライン紙(1面)によると、インド人の有給休暇の消化率が80%だという。オンライン旅行代理店のエクスペディアの「有給休暇・国際比較調査2011」によるもので、調査対象者は20カ国7,803人の社会人、調査期間は11年9-10月。

 この調査によると、インド人の有給日数は年間平均25日だが、多くのインド人の実際の消化日数は80%の20日前後だという。日本、韓国の有給日数は10-11日と最も少なく、消化率は日本が45%で最低、韓国は70%だった。消化率100%を達成したのはノルウェーで、北欧諸国は有給日数、消化率ともに高い傾向にあった。

 インド人が有給を消化しない理由として、28%の同率で上司が協力的でないことと金銭的理由を挙げた。エクスペディア・インドの営業責任者マンミート・アルワリア氏は「有給消化は、欧州やブラジル地域では労働上必要なものとして、インドでは義務として捉えられている」と指摘した。インド人の53%が休暇中も定期的に仕事関連のメールをチェックすると答え、日本の90%、フランスの56%に次ぐ3位だった。

12/1/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19819

トラックバック一覧(0)