日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/19/2011 11:37 AM

 16日付のビジネス・ライン紙(19面)によると、観光省は外国人観光客を今後5年で1,100万人誘致する。スボド・カント・サハイ観光相は「インド政府観光局の海外支局を新たに12カ国に新設する。CIS諸国やアフリカ地域、西アジアなどを新興市場と捉え、重点的に活動していく」と述べた。この計画に沿って観光省は、第12年次5カ年計画に2,300億ルピーの予算を申請、国内35カ所を新たに観光地として開発する方針だ。

 インドの外国人入国者数は現在年間560万人、政府観光局の支局は米国、カナダ、ドイツ、イタリア、英国、南アフリカ、ドバイなど14カ国にある。外国人に対するビザ問題に関してサハイ氏は「国会審議の後に、外務相との会談を予定している」と述べた。

12/16/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20008

トラックバック一覧(0)