日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/26/2011 11:53 AM



 23日付のファイナンシャル・エクスプレス紙(7面)によると、ルピー安の影響で新年の海外旅行客が前年比10%減少する見込みだ。インド旅行代理店協会(TAAI)のラジット・ライ会長は「インド人の旅行への平均予算は増加しているが、ルピー安の影響で新年度の海外旅行客数は8-10%減少するだろう」と指摘した。旅行代理店クオニ・インディアのフレデリック・ディヴェカ氏は「新年の旅行予約数はここ数年、前年比平均10-12%増で伸びていたが、今年は海外旅行を見合わせる顧客が多く、増加は期待できない」と述べた。ヤートラ・ドットコムの共同設立者サビナ・コプラ氏は「顧客は海外旅行をキャンセルして国内旅行に切り替えている。新年の海外旅行先としてはタイが人気だが、今年は洪水問題もあり、行き先をゴアに変更する顧客が多い」と述べた。ゴアの年末年始のホテルの平均宿泊料金は通常時の2倍だという。

 一方、海外からの旅行者数も減少傾向だ。デロイト・インドのP.R.シュリニバス氏は「欧州地域からの観光客の減少が響いている」と指摘した。インド政府観光省によると、11月は1年で2番目に海外からの観光客が多い月だが、今年11月の外国人観光客数は前年同月比4.7%増だった。2010年11月は前年同月比12.3%増で、今年は伸びが鈍かった。

12/23/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/20067

トラックバック一覧(0)