日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

11/18/2011 10:01 AM

 17日付のエコノミック・タイムズ紙(5面)によると、インド人のブログ利用者数が減少している。代わりにツイッターやフェースブックなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用が増えている。

 ソーシャルメディア企業のピンストーム・テクノロジーズの調査によると、2010年度のインド国内のブログ更新数は前年比30%減だった。インド人の著名人ではボリウッド俳優のアーミル・カーン氏やサルマン・カーン氏、政治家のラルー・プラサド氏もブログを利用しているが、ここ半年間更新されていない。ピンストーム・テクノロジーズの創業者マヘシュ・ムルティー氏は「ブログよりも更新に手間のかからないSNSが人気で、SNSに投資する企業が増えている」と指摘した。インド国内の利用者数はフェースブック3,400万人、ツイッター1,300万人を超えている。

 米ブログパルスの調査によると、10年度の全世界のブログ登録件数は前年比21%増の1億5,200万件に対し、ツイッターの登録件数は前年比160%増だった。フェースブックなど全SNSの利用者数は前年比74%増加したという。

11/17/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19663

トラックバック一覧(0)