日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

11/09/2011 10:55 AM

 住友電気工業は、インド市場における販売体制の更なる強化を図るため、今年7月、インドに現地法人「SEIトレーディング・インディア」を設立し、11月1日から営業活動を開始した。SEIトレーディング・インディアはハリヤナ州グルガオンに設立、当初資本金は500万ルピー、住友電気工業が100%出資。当初従業員数は4人で、事業内容は住友電気工業グループ製品の販売。今後、同社を中心に需要の旺盛な情報通信・鉄道などの社会インフラ関連ビジネス、急激な市場拡大が期待される環境・再生エネルギー関連ビジネスに積極的に注力していく。

 住友電気工業グループは、1980年代半ばから現地会社と合弁で自動車用ワイヤーハーネス、切削工具、防振ゴムなどの製造販売事業を展開し、1996年には駐在員事務所を開設、市場調査・市場開拓支援を行っていた。(11年 11月8日、住友電気工業のプレス・リリースから)

11/8/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19575

トラックバック一覧(0)