日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

11/02/2011 07:25 AM

 ホットリンク(東京都千代田区)は、ブランドトロジー(シンガポール)と業務提携し、日本国内のみならずアジア・パシフィック地域におけるソーシャルメディア分析ツールおよび分析レポートの提供を開始する。ブランドトロジーは同地域No.1のソーシャルメディア分析サービス企業であり、インド、中国、インドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナム、カンボジア、オーストラリア、ニュージーランドなどの分析ツールおよび分析レポートの提供が可能となる。

 なお、ホットリンクは、ブログやTwitterをはじめとするソーシャルメディアのモニタリングおよびデータ分析を得意とするエージェントテクノロジー企業である。クライアントのインターネット・マーケティング活動を先端技術で支援する。主力製品は、国内のブログ・掲示板・Twitterなどから投稿される口コミ情報をリアルタイムに収集・分析することができる「クチコミ@係長」シリーズである。一方、ブランドトロジーは、世界15以上の国と、15以上の言語(インターネット上で使われる言語の約90%)のデータをカバーしており、海外特にアジア・パシフィック地域におけるソーシャルメディア分析サービスのリーディングカンパニーである。自社開発の分析エンジンと、熟練したアナリストの分析技術を融合させ、精度の高いインサイト情報の提供を強みとしている。数多くの主要多国籍企業およびトップブランドへのサービス提供実績がある。(11年10月27日、ホットリンクのプレス・リリースから)

11/1/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19521

トラックバック一覧(0)