日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

11/04/2011 10:56 AM

 国際協力銀行(JBIC)は10月31日、2011年度第2四半期(7-9月)業務概況について公表した。同期間の出融資・保証承諾は、23件、2,763億円となった。また、実行額は4,150億円、回収額は3,111億円で、同期末残高は、出融資8兆483億円、保証2兆4,001億円、計10兆4,484億円となった。

 業務の特徴としては、1.日本の産業の国際競争力の維持および向上への取組み、2.重要資源の海外における開発・取得支援への取組み、3.中堅・中小企業の海外事業展開支援への取組みなどが挙げられる。

 インド関連案件では三菱東京UFJ銀行(幹事行)との協調融資で金川造船(神戸市兵庫区)が建造するタグボート1隻の購入資金(輸出企業:興和)として、インドの新興財閥であるアダニ・グループのムンドラポート&スペシャル・エコノミックゾーンに対し総額約5億7千万円を限度とする貸付契約を締結している。(11年10月31日、JBICの発表から)

11/2/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19549

トラックバック一覧(0)