日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

11/24/2011 11:10 AM

 23日付のビジネス・スタンダード紙(8面)によると、2012年度のインドでの携帯電話販売台数が前年比8.5%増の2億3,100万台を突破する見込みだ。米ガートナーの調査によるもの。この報告書によると、インドでの販売台数は15年まで順調に増え続け、契約件数は15年に3億2,200万件に達する見通し。現在全世界の携帯電話販売台数の12%をインドが占めている。

 インドで携帯電話を販売するメーカーは150社以上だが、販売の50%以上をインド企業と中国企業が占めている。11年7-9月の販売シェアは1位Gファイブ、2位カーボン・モバイル、3位マイクロマックスとインド企業が占め、4位ノキア、5位サムスンだった。ガートナーのアナリスト、アンシュル・グプタ氏は「インド企業や中国企業の主力商品は低価格モデルで、平均価格は45米ドルだ。インドで発売されたモデルの75%が75米ドル以下となっている」と指摘した。11年7-9月期の国内販売台数におけるスマートフォンのシェアは約6%、12年度には8%を超える見込みだ。

11/23/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19734

トラックバック一覧(0)