日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

11/17/2011 10:22 AM

 16日付のビジネス・ライン紙(5面)によると、インド国内の日用消費財の年間売上高が、2015年に50億米ドルを突破する見込みだ。ニールセンの調査報告書によるもの。現在の年間売上高は18億米ドルで、今後4年で約3倍に増加するという。

 ニールセン・インドのルーズベルト・デソウザ氏は「包装された米の54%、朝食用シリアルの42%の売り上げが量販店での販売によるものだ。小売市場の全売上高のうち、量販店からの売り上げは5%を占めている」と説明した。小売チェーンが企画、生産して販売するプライベート・ブランド(PB)の販売も好調だ。現在のPB商品のインドでの売上高は年間1億米ドルで、15年には5億米ドルを超える見通し。量販店の販売におけるPB商品のシェアは、中国が1%に対しインドは7%となっている。

11/16/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19645

トラックバック一覧(0)