日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

11/02/2011 07:33 AM

 出光ライオンコンポジット(ILC、本社:東京都台東区)は10月31日、2012年1月1日付で、インドに現地法人を設立することを決定した。ILCは1979年に出光興産とライオンとの合弁会社として設立され、難燃性、耐熱性や高剛性などの機能をもつプラスチック複合材料専門メーカーとして、幅広い産業分野に数多くの新素材を提供してきた。80年代からILCは海外展開を加速、インドでは09年から先行販売を開始した。現在、原料調達および生産を現地メーカーに委託し、二輪車のバッテリー部材などの電装部品向けの材料を販売している。

 なお、インド現地法人の正式名称はLION IDEMITSU COMPOSITES INDIA PVT. LTD.、日本語名称は出光ライオンコンポジットインドで、所在地はグルガオン。当初資本金は5千万ルピー、出資比率はILC98%、ILCシンガポール1%、ILC香港1%。事業内容は特殊複合合成樹脂の開発・製造・販売、有機、無機原料の輸出・輸入販売である。(11年10月31日、ILCのプレス・リリースから)

11/1/2011


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/19526

トラックバック一覧(0)